メールが届かない

メールが届かない
送信したはずのメール、あるいは相手から送信されたはずのメールが届かないことがあります。
送られたメールが届かない理由はさまざまですが、以下に主な原因と解決方法を説明します。

メールアドレスの誤記
メールアドレスが正しいかどうかを確認してください。
メールアドレスの誤記による配送のエラーが発生すると、メールの送信者宛にエラーメッセージが返送されます。
メールアドレスの「@」の左側が間違っているか、相手側のメールサーバーからユーザーが削除された場合には「user unknown」などの語句が含まれたエラーメッセージが返送されます。
メールアドレスの「@」の右側が間違っている場合には、「host unknown」などの語句が含まれたエラーメッセージが返送されます。
こうしたエラーメッセージが届いた場合は、メールアドレスの間違いですから、メールアドレスを再確認して送信し直してください。

正しいメールアドレスを入力しているのに「user unknown」や「host unknown」のメッセージが返ってくることはありません。しかし、メールアドレスが正しいと信じられる十分な理由があるのに、「user unknown」や「host unknown」のメッセージが返ってくる場合は、相手側のメールサーバに何かの問題が発生している可能性があります。このような場合は、相手側のプロバイダの管理者にお問い合わせください。

自動振り分けの副作用
実際にはメールは受信されていたのに、メールソフトの「自動振り分け機能」によってユーザーが意図しないフォルダに分類されていたというケースも少なくありません。
自動振り分け、自動分類などの機能を使用している方は、メールソフトに付属する検索機能を使ってメールを検索してみてください。検索するときに、差出人のメールアドレスやメールの題名(Subject)、日時などの条件を設定することで、探しているメールを効率的に見つけることができます。

アドレスが一時的に利用できない
相手側のメールアドレスが一時的に利用できない状態になっていることがあります。たとえば、メールボックスの保存容量を越えるメールが相手側のメールボックスに溜まっている場合や、メールシステムのメンテナンスなどでサーバが停止している場合、メールサーバの処理能力が不足している場合などです。こうした場合は正しいメールアドレスに送信したのに相手にメールが届きません。
このようなケースでは、「temporarily unavailable」などの語句が含まれたエラーメッセージが返送されます。
また、この場合、送信側メールサーバは相手側のメールボックスが利用可能な状態になるまで、一定の時間ごとに再送信を繰り返します。数日経過しても相手側のメールボックスが利用可能にならない場合、メールサーバは自動再送信を終了し、送信者宛に「Cannot send message for XX days」などのエラーメッセージを返送します。
JCA-NETの場合、再送信を続ける時間は5日間です。
メールボックスが回復するまでメールを送信するか、別のメールアドレス、または電話やファクスなど従来の通信手段を使用してください。

スパム(迷惑メール)フィルタの副作用
あるメールは届くのに、あるメールは届かないという場合があります。
この場合はメールアドレスは正しく、メールボックスも利用可能なのに、たとえば特定のプロバイダや特定のメールサービスから送られたメールだけが届かないという場合です。
このようなケースでは、プロバイダ側のメールサーバで使われているスパム(迷惑メール)フィルタによる影響、受信者が利用しているメールソフトに組み込まれた迷惑メール除去機能による影響などが原因になっている可能性があります。
スパムフィルタは機械的な基準に従ってメールを判別するため、100%確実なスパムフィルタはありません。フィルタをくぐり抜けてユーザーに届くスパムメールもありますし、場合によってはスパムフィルタが誤判別し、通常のメールを「スパム」として受信を拒否してしまうこともあります。

JCA-NETのメールサーバで稼働しているスパムフィルタは、さまざまな基準を使ってスパムの判断をしています。毎日数万通のメールのうち、約60-70%を「スパム」と判別して受信を拒否していますが、ごくまれに正常なメールを「スパム」と誤判別してしまうことがあります。この割合はJCA-NET全体を通して1週間に数件程度と見積もっています。
誤判別されたメールは、ユーザーに届かず、普通は送信者にエラーメッセージが返送されます。JCA-NETは、「Mail appeared to be SPAM or forged」という内容のエラーメッセージを返送するほか、メールの性質によってさまざまなエラーメッセージを返送します。
しかし、ユーザーが設置しているスパムフィルタでは、送信者にこのようなエラーメッセージは返送されないことがあります。

JCA-NETでは、正常なメールをスパムメールとして誤判別することを防ぐために、毎月1回程度、拒否の記録をチェックしています。しかし、記録だけでは正常なメールかスパムメールかを判断することが難しく、誤判定の状態が続く可能性もあります。特に、無料メールや無料メーリングリストなどのサービスなど、本人確認をせずに利用できるサービスを使っている場合、正常なメールがスパムと判断される可能性も高くなります。
もし、JCA-NET宛のメールがスパムフィルタの誤判定により、ユーザーに届かなかった場合は、 support@jca.apc.org 宛に詳しい状況を添えてご連絡ください。

メールサイズの超過
サイズが大きすぎるメールは、送信できない、あるいは受信ができないことがあります。
最近は、画素数の高い写真データや動画データが添付されているメールなど、サイズが大きなメールが増えています。一般的なプロバイダは、メール1通あたりのサイズに上限を設けていますが、この制限を越えるメールは、「size exceeded」などの語句が含まれるエラーメッセージとともに返送され、相手に届きません。
JCA-NETでは、2007年現在、1通あたり約32メガバイトを送受信の上限に設定しています。通常のアプリケーションのデータや写真のデータであれば十分な容量ですが、動画のファイルではこの制限を超過することがあります。
また、写真や動画などのデータは、メールで送信する時に元のサイズより3割程度大きくなります。したがって、JCA-NETの場合、実質的な上限サイズは約27メガバイト程度と考えてください。

その他
メールが届かない理由としては、上記以外にもメールシステムの不具合や送受信時のさまざまな条件などが複雑に関係しているケースもあります。
メールの配信に関する疑問や質問は、以下の項目を添えて support@jca.apc.org 宛にご連絡ください。

  1. 送信者メールアドレス
  2. 受信者メールアドレス
  3. 送信日時
  4. エラーメッセージの内容
なお、メールサーバが保持しているメール送受信の記録の保持期間は1週間程度です。送受信記録のない古いメールに関するお問い合わせは、調査ができないことがあります。