メールの遅配 2007/9/2

|

2007年9月2日午前4時頃から、JCA-NET宛に送信されたメールの配送が数時間にわたり遅れています。19時現在、メール配送の遅れはほぼ解消されています。
メール配信が遅れた直接の原因は、配信処理が可能なメールの数の限界を越えたことで、配信用の一時保存領域が不足したことです。
一時保存領域の不足は、JCA-NETの回線容量の拡大による単位時間あたりの受信メール数の増加に対し、メールサーバの処理能力が不足していることが根本的な原因です。基本的には2007/8/13のメールの遅配と同じ原因です。
処理能力の不足を解消するために8月末に高性能なサーバを導入しましたが、現在はまだシステムの構築中です。現在のところ、新しい高性能メールサーバの稼働は9月下旬になる見込みです。新しいサーバが稼働するまでの間、ソフトウェア設定の見直しによる現行システムの処理の効率化とシステムの監視を強化することで対応していきます。